【レベル別に紹介】ギター教室のレッスン内容を見てみよう

ギター教室では基礎的なことからプロの演奏法まで幅広く学べる!

どんなギターがあるの?

ギターには色々と種類があり、演奏したい音楽ジャンルによって使い分ける必要があるでしょう。よく聞く名前に「エレキギター」や「アコースティックギター」がありますが、どのようなギターになっているのか確認してみると良いですよ。

ギターの種類を徹底解説!

男性

エレキギター

ロックと言えばエレキギターとなっているでしょう。ギターの中でも代表的とも言える種類です。エレキギターではアンプで大きな音が出せたり、電気信号によって音のエフェクト処理も出来ますよ。

アコースティックギター

電気に何も繋げることがない生ギターがアコースティックギターと呼ばれています。アコースティックギターは基本的に弾き語りの際に使用することが多いでしょう。ギター本来の音を楽しめます。

クラシックギター

見た目はアコースティックギターと同じになりますが、クラシックギターは弦に違いがあります。クラシックギターは主にナイロン弦が使用されているでしょう。通常のアコースティックギターと違って、優しい音が特徴的です。

フォークギター

ギターの弦が金属で張られているものをフォークギターと呼んでいます。最近ではアコースティックギター=フォークギターと考えても問題ありません。多くのアーティストが弾き語りで演奏しているので、憧れる人も多いでしょう。

【レベル別に紹介】ギター教室のレッスン内容を見てみよう

ギター

初心者レベル

東京にあるギター教室では、その人のレベルに合わせたカリキュラムやレッスン内容を用意しています。初心者の場合、まずはギターに関する基礎的なことを教えていくでしょう。主にギターの持ち方や扱い方、フォーム、チューニング方法を学べます。

男女

中級者レベル

ギターの基本的なことを全て把握することが出来たら、次は中級者レベルになります。中級者から実際に簡単な楽曲を弾きつつ、コード進行について学んでいくでしょう。多くの人が苦戦すると言われているFコードもギター教室では丁寧に教えてくれるので、必ず押さえることが出来ますよ。

ギター

上級者レベル

上級者レベルになると、色々な奏法や技術を学んでいきます。指使いやカッティングの技術も身に付けられるでしょう。より高い演奏スキルを得たいのなら、ギター教室で技術を教えてもらうのが効率的と言えます。プロが良く使用する演奏法も学べるので、上達したい人は利用していきましょう。